甲府城

撮影日:2006年10月18日

以下の写真は、クリックすると大きいサイズになります。

→順番に見る

IMG_0001p4.JPG (129714 バイト)

01・内松陰門

IMG_0005.JPG (132807 バイト)

02・案内図

IMG_0006p.JPG (122063 バイト)

03・内松陰門

IMG_0009pt8.JPG (124317 バイト)

04・本丸石垣

IMG_0018pt6.JPG (134389 バイト)

05・本丸石垣

IMG_0024pt6.JPG (134521 バイト)

06・銅門、枡形

IMG_0031p9.JPG (209295 バイト)

07・本丸

IMG_0041.JPG (81111 バイト)

08・天守台

IMG_0043.JPG (107988 バイト)

09・暗渠

IMG_0045p.JPG (116072 バイト)

10・本丸石垣

IMG_0048p.JPG (141117 バイト)

11・天守台

IMG_0054p9.JPG (272769 バイト)

13・天守台からの風景

IMG_0051p.JPG (137123 バイト)

12・天守台

IMG_0063p.JPG (149816 バイト)

14・稲荷曲輪

IMG_0066.JPG (129608 バイト)

15・稲荷櫓

IMG_0067.JPG (133284 バイト)

16・天守台

IMG_0085p.JPG (115134 バイト)

17・天守曲輪

IMG_0088p.JPG (146012 バイト)

18・中の門

IMG_0092pt6.JPG (128591 バイト)

19・鉄門

IMG_0099p5.JPG (191846 バイト)

20・中の門

IMG_0104p6.JPG (201436 バイト)

21・二の丸、中の門、坂下門

IMG_0111p5.JPG (191383 バイト)

22・坂下門、鍛冶曲輪

IMG_0122p5.JPG (178027 バイト)

23・天守台

IMG_0127.JPG (145289 バイト)

24・天守曲輪石垣

IMG_0128.JPG (131457 バイト)

25・天守曲輪石垣

IMG_0130.JPG (118748 バイト)

26・数奇屋櫓

IMG_0134.JPG (99689 バイト)

27・水溜

IMG_0135.JPG (130529 バイト)

28・稲荷曲輪門

IMG_0145.JPG (82364 バイト)

29・稲荷曲輪

IMG_0146p4.JPG (135606 バイト)

30・稲荷曲輪門、天守台

IMG_0151p6.JPG (165756 バイト)

31・稲荷曲輪、稲荷櫓

IMG_0158p5.JPG (201533 バイト)

32・二重の石垣

IMG_0163.JPG (99170 バイト)

33・稲荷櫓

IMG_0169.JPG (65443 バイト)

35・塀の構造

IMG_0165p4.JPG (140019 バイト)

34・稲荷櫓付近

IMG_0174.JPG (96881 バイト)

36・甲府城公園鳥瞰図

IMG_0177.JPG (44881 バイト)

37・稲荷櫓内部

IMG_0181p.JPG (95337 バイト)

38・稲荷櫓内部

IMG_0184.JPG (36768 バイト)

39・石落し

IMG_0185p2.JPG (91194 バイト)

40・稲荷櫓内部

IMG_0189.JPG (87796 バイト)

41・甲府城模型

IMG_0192.JPG (94618 バイト)

43・甲府城模型

IMG_0190p2.JPG (120913 バイト)

42・甲府城模型

IMG_0193p.JPG (102476 バイト)

44・稲荷櫓内部

IMG_0196.JPG (86444 バイト)

45・甲府城模型

IMG_0200.JPG (123022 バイト)

47・稲荷曲輪石垣

IMG_0197p.JPG (123293 バイト)

46・稲荷櫓

IMG_0202p.JPG (149086 バイト)

48・稲荷櫓

IMG_0205.JPG (71684 バイト)

49・稲荷櫓

IMG_0215.JPG (71254 バイト)

50・稲荷曲輪石垣

IMG_0228.JPG (94176 バイト)

51・数奇屋曲輪石垣

IMG_0251.JPG (57246 バイト)

57・鍛冶曲輪門

IMG_0229p.JPG (138395 バイト)

52・数奇屋曲輪石垣

IMG_0235p5.JPG (125629 バイト)

53・遊亀橋、鍛冶曲輪

IMG_0240p4.JPG (144466 バイト)

54・遊亀橋、鍛冶曲輪

IMG_0245p.JPG (101163 バイト)

55・遊亀橋、鍛冶曲輪

IMG_0248p.JPG (121340 バイト)

56・鍛冶曲輪門

IMG_0256p5.JPG (206428 バイト)

59・坂下門

IMG_0253p.JPG (130297 バイト)

58・鍛冶曲輪門

IMG_0264p.JPG (143426 バイト)

60・武徳殿

IMG_0267p.JPG (128852 バイト)

61・内松陰門

 

☆名称(別称)

甲府城 (舞鶴城、府中城)

☆所在地

山梨県甲府市丸の内1

☆地図

←地図はこちらをクリック

☆創築者、創築時期 

   (改修者、改修時期)

天正13年(1585年)、徳川家康 築城開始
天正19年〜慶長5年頃(1591〜1600年頃)、加藤光泰、浅野長政 築城
宝永元年(1704年)、柳沢吉保 改修
享保12年(1727年)、火災により城の主要部を焼失
明治元年(1868年)、甲斐府を城内に置く
明治2年(1869年)、甲斐府を廃し甲府県庁を置く
明治4年(1871年)、甲府県を山梨県に改称
昭和38年(1963年)、城跡を県史跡に指定

☆城主

徳川氏(平岩氏) - 豊臣氏(羽柴氏、加藤氏、浅野氏) - 天領 - 徳川氏 - 柳沢氏 - 天領

☆遺構・復元物

本丸、二の丸、鍛冶曲輪、台所曲輪、稲荷曲輪と以上の石垣、天守台、堀などが現存。

稲荷櫓、門、土塀が復元されています。県史跡。城址公園として整備中。

☆一言歴史

 天正10年(1582年)武田勝頼が織田信長に攻められ自刃しました。武田氏が滅亡したことにより、甲斐には信長の家臣川尻秀隆が入部しました。まもなく信長も本能寺の変で世を去ると、徳川家康は甲斐に攻め入り、平岩親吉に命じ一条小山に築城を開始しました。

 天正18年(1590年)信長の後継者としての地位を確立した豊臣秀吉が、後北条氏を滅ぼし、その旧領には徳川家康を入部させました。

 甲府には羽柴秀勝が入りましたが、翌天正19年(1591年)岐阜に移封となりました。替わって甲府には豊臣秀吉子飼いの武将加藤光泰が入り、甲府城の築城を再開しました。文禄2年(1593年)に加藤光泰が朝鮮にて陣没し、続いて浅野長政が甲府に入り、子の幸長と共に築城を再開しました。この浅野氏2代の頃には、甲府城は一応の完成を見たようですが、天守は台のみで建てなかったといわれています。
 しかし、昨今の発掘調査の際に金箔が施された鯱と鬼瓦が出土したことで、天守が存在したのではないかという論もあるようです。

 慶長5年(1600年)関ヶ原の戦以後、浅野幸長は紀州和歌山城へ37万石の俸禄で移封となり、甲府城は一時天領となりました。慶長8年(1603年)以降は徳川義直、忠長、綱重、綱豊(のち6代将軍家宣)が城主となり、徳川氏の中仙道を押さえる重要な拠点となっていました。

 宝永元年(1704年)徳川綱吉の寵童であった柳沢吉保が15万石の大名として城主となりました。

 綱吉死後、子の吉里は大和郡山城へ移封され、以後幕末まで天領として甲府城には勤番が置かれました。

☆私的見所

 本丸に完存する野面積みの石垣は圧巻です。かなり整備が行き届いていて石垣の積み直しはもちろんのこと、櫓や門、土塀も復元されています。今後さらに復元が進んでいくといいですね。

 

※近隣・関連史跡

→躑躅ヶ崎館へ

→武田信玄の銅像へ

→江戸城へ

→大和郡山城へ

 

   

inserted by FC2 system